子連れハワイ飛行機編

a0244429_18164964.jpg

フェイスブックにハワイの写真をアップすると

双子ちゃんのママから心配そうなメッセージ

「飛行機の中、大丈夫だった!?」

a0244429_18174237.jpg

そう、最大の難関、と思いがちな飛行機内。

特に、私は今回の帰り、

私一人で子ども二人を連れて帰ったので、

周りから「大丈夫!?」感満載の視線をいただいていましたが、

ハワイ便は時間帯のおかげで意外に大丈夫!


行きの羽田便は特に遅い時間なので、

行きは、空港で夕ご飯を食べている間に

凪は寝てしまったし、

(ところで、羽田空港国際線「江戸小路」の中にある「かつ仙」のトンカツ、激ウマ。)

出国審査/搭乗の時は起きてもらったけど、

二人とも飛行機に乗ってしばらくして撃沈。
a0244429_16532398.jpg

(Bugaboo Beeのストローラー、5歳児でも横になって眠れるので便利です。)


出発前に2歳になったばかりの汐は、小さいのに1席とってたけど、

最初はパパに抱っこされて寝ていたら、

やはり寝返りの度にぐずるので、

足を私の膝に置いて、頭を低くして

自分の席を使って完全に横になったら熟睡できたみたいで、

到着まで起きませんでした。

凪も私の膝枕で、横になって就寝。


私も少しは眠れました。(←もともと飛行機で熟睡できないタイプ)
a0244429_18182989.jpg

ハワイ到着後はこの通り、スッキリ元気!

(ちなみに、凪の米国のパスポートが有効期限切れだったけど、

入国には問題ないのね。

念のため、ESTAも日本のパスポートで登録していったけど不要だった。

14ドルの損。)


ホノルル空港の入国審査では、

赤ちゃん連れは優先ゲートで審査してくれます。

子連れに優しいハワイを、最初に実感する場所!


帰りも18時過ぎホノルル発の便で、

二人は同様な姿勢で、ほぼ寝て帰り、

私は映画を3本見てました。

レ・ミゼラブルとかやってたので思わず。

(羽田についてぐったりしたので、少しは眠るべきだった。)


成田便はもう少し早い時間だと思いますが、

キッズルームが充実していて、

搭乗前に体力を消耗させておくのも手です(笑)。


ちなみにホノルル空港では、

到着も出発も

ポーターさんがいて、荷物1個につき、3〜5ドル払えば運んでくれます。

スーツケースの数が多くても安心。

帰りは特に、

荷物の重量チェックが厳しいので、

大きいトランクに詰めすぎないことが大切。

しかも鍵をかけてはダメで、

今回初めて、帰国後スーツケースの1つに

「ランダムに選んだ中、あなたのスーツケースを調べました。

鍵がこわされているかもしれませんが、それは法律に基づいて行われた結果です。」

云々の紙切れが入ってしました。

鍵かけなくてよかった〜。


ホノルルで空港までは友人が送ってくれましたが(感謝!)、

チェックインカウンターまでは

凪がベビーカーとその上に積んだ手荷物2つを運んでくれて本当に助かり、

(私は抱っこひもに汐を入れ、両手で2つのスーツケースを転がし)

凪も大きくなったなぁと。
a0244429_18192192.jpg



母子での飛行機も乗り越えた感があるので、

調子に乗って、夏はNYに行ってきます♪

(フライト時間が12時間/14時間なので、ちょっと勝手が違うかも。Let's see・・・)

(桜井)
東京都神楽坂の家族写真専門の写真スタジオ
なぎしおフォトグラフィー神楽坂
http://nagisiophotography.com/
[PR]
by nagisio | 2013-04-17 16:48 | その他
<< 子連れハワイ観光編 子連れハワイ準備編 >>