<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

子連れニューヨーク5

ニューヨーク編最終回のテーマはお買い物です。

まずは子供服。

本当はウッドベリーコモンのアウトレットでがーっと買いたいなと思ったけど、

NYのポートオーソリティからバスで行くことになるので、

ある意味一日がかりになるし、

子どもと3人、買い物中に誰も子どもの相手をしてくれる人がいないので、

今回は断念。


そんな私を見て、友人が週末、

子ども見ておいてあげるから、メーシーズ行って来たら?

と。大感謝!

そこで、朝11時の開店に合わせ地下鉄に乗り、

ミッドタウンW34のメーシーズへ。

子ども服売場に直行し、ポロラルフローレンに行くと、

ちょうど夏物のセール中!

しかもメーシーズカードをつくるとさらに10%〜15%オフ!

(今回はパスポートを持っていなかったので作れなかったけど、ゲストカードでオフにしてくれました☆)

長袖も一部あったので、秋冬用と、気が早く来年夏用を買いました。
a0244429_173092.jpg

(気付くとボーダーばかり。食べこぼしも目立たないのがいいんですがね。)


他に、路面店のヤンキースショップでキャップを買ったりして帰りました。

(2つ目から20%オフのカードをもらい、従兄弟用もあわせて3つ購入。)

子供用にはFAO SchwarzでレゴやNY Taxiを。

スタジオ用にも♪

自然史博物館のmuseum shopも楽しくて、

凪は恐竜のパズル、

汐はサメのぬいぐるみを購入。


そして自分のお買い物は、

まずSOHOのINTERMIXというセレクトショップで、

Rag&Boneのデニムと、

近くの別のセレクトショップで

J Brandのデニム。
a0244429_18265.jpg

(はい、自分のものはレギュラープライスで(笑)。)


スタジオで撮影アシスタントをしていると、

ひざを曲げることが多くて、

リアルにデニムがダメージデニムになるので(笑)

買う時はキレイ目を買います。


今回は両方スキニー。


Rag&BoneもJ Brandもとっても肌触りがよく、

秋から着るのが楽しみ〜。


セントラルパークに行った時、何度かアッパーイースト61の

バーニーズNYに寄ったのですが、

公園帰りのドロドロの兄弟を連れて

お洋服を触るのには躊躇して

ぱーっと回っただけで買い物できず。。。


そのかわり、ブルックリンで素敵なセレクトショップを見つけました。

Williamnsburgで通りがかりにたまたま見つけて、

吸い寄せられるように店内に入り、

一気に好きになってしまったお店「BIRD」。

センスが素敵だと思ったら、

元バーニーズのバイヤーが始めたセレクトショップだったんですね。

納得。


BIRDでは

AcneのPistol Bootsと
a0244429_182765.jpg

Maison Martin Margielaのフード付きワンピを買って
a0244429_184276.jpg

一気にテンションアップ☆


BIRDはブルックリンに他に2店舗あるそうです。


Williamsburgでは、

若手デザイナーのコードブレスなんかも買いました。


サックスフィフスアベニューとか行く時間がなくて残念。


でも、汐のオムツが減っても、

スーツケースが一杯になったので、

これが買い物の限界でしたね。

(1つのスーツケースの半分を占めるのがレゴとおもちゃなんですが。。。)


限られた時間で、良いものが買えてよかった。


最後に、なんと今回初めて、

クレジットカードが1枚、スキミングにあって不正利用されたんです。

途中で使えなくなり、おかしいなと思って日本の窓口に電話して聞くと、

最近よくスキミング後に利用される店舗での高額購入履歴があったので、

止めました、やはりご本人ではなかったのですね、と。

その電話で、ひとつひとつ買い物を照会して、結局16万円くらいの不正利用が発覚しました。

やはりレシートはちゃんととっておくべきですね。(常識?)

不正利用の場所がNYの大きなデパートやスーパーでの利用だったので、

どこかでスキミングされたみたい。怖いですね。


今回の旅、入国審査で凪のアメリカのパスポートが切れていて

別室にちょっと行くことになったり

(ハワイでは大丈夫だったので、NYは厳しいという印象。)

到着の翌日の病院、

そしてこのクレジットカード被害、

そして最後の最後に、

飛行機に預けておいたベビーカーの車輪が壊れて

ターンテーブルに。

(これも保険で直します。保険サマサマ。)


なんだかトラブルもありましたが、

親子3人、元気に帰国できてよかったです。


次の旅行は???


このブログ、スタジオ撮影だけでなく、

旅行ネタでも検索にひっかかる今日この頃です。


乞うご期待(笑)。

(桜井)
東京都神楽坂の家族写真専門の写真スタジオ
なぎしおフォトグラフィー神楽坂
http://nagisiophotography.com/
[PR]
by nagisio | 2013-08-26 01:05 | その他

子連れニューヨーク4

子連れニューヨークその4は、

CMAとブルックリンについて。


CMA= Children's Museum of Artは、ソーホーの西にある、

子どもためのアートの場所。

東京の「こどもの城」の造形ルームのようですが、規模が大きく、

基本的に「お手本」となるものはなく、道具や紙がたくさん用意されていて、

とにかく自由な創作活動を刺激する場所。
a0244429_19545858.jpg

(ダンスしながら足でアート)
a0244429_19555834.jpg

(粘土Bar)
a0244429_1957305.jpg

a0244429_19574891.jpg

a0244429_19581177.jpg

(確かにやりたくなるね。)
a0244429_19593383.jpg

造形大好き兄弟は、閉館までめいっぱい楽しみました。
a0244429_1952118.jpg

a0244429_19524631.jpg

a0244429_19532588.jpg

壁に飾られている子どもの作品も、うなるものばかり。
a0244429_20027.jpg

a0244429_200263.jpg

a0244429_2004981.jpg

NYはこうして、幼いころから芸術的刺激の多い場所なのだな、と。


そしてブルックリンは、

マンハッタンの東側の、イーストリバーを渡った場所ですが、

ほんの10年くらいまでは、工場地帯だったり、治安のよくない場所があったりだったそうで、

でも近年大変化を遂げている場所の1つでした。


特にWilliamsburgというところは、

近年、若いアーティストが移り住んだり、

マンハッタンで働く若いエリートが住み始めたりと、

オシャレな場所になってきているとのことで、

この2〜3年で開発が進み、地価が上昇し、

不動産屋さんの看板を見ましたが、

東京の中心かそれ以上の賃料でした。
a0244429_2031995.jpg

a0244429_203409.jpg

(街角にいろいろなアート)

まだまだ工場の跡地みたいなところもありますが、

歩いている人々がオシャレで、

私もここでこの旅一番のお気に入りのお洋服屋さんを見つけました。

(お買い物についてはまた次回。)

可愛いヴィンテージショップや、

若手アーティストのアクセサリーを売るお店も多いです。
a0244429_2014171.jpg

a0244429_2025316.jpg

a0244429_2031161.jpg

Williamsburgで、生まれて初めて食べたアルゼンチン料理も、

グラスカウだけを使った牛肉はとろける程美味しかった!
a0244429_2042550.jpg

a0244429_2044492.jpg


最初行きたかった「ピーター・ルーガー」というステーキハウスは、

予約しようと電話するとなんと4〜6週間待ちだったのですが、

このお肉で十分でした☆


そして、居候させてもらっていた友人宅のあるBrooklyn Heightsは、

ブルックリンブリッジを渡ってすぐの、

歴史的な建物が保護の対象になっているエリアにあり、

ものすごーく落ち着く閑静な住宅街でした。
a0244429_2052629.jpg

a0244429_2055136.jpg

アパートを出てすぐの

ブルックリンプロムナードから見るマンハッタンの夜景の

美しいこと。
a0244429_2064040.jpg


13年前、同期でこの近くの「River Cafe」に来たのを懐かしく思い出しました。


Brooklyn Heightsでは、

これも近くの公園や
a0244429_2071828.jpg


桟橋の公園に何度も行き、
a0244429_2074570.jpg

a0244429_20111320.jpg

住んでいるかのような落ち着いた時間を過ごすことが出来ました。


Brooklyn Heightsは、

Williamsburgよりも年齢層が高い感じ。

ファミリーとか、ご高齢の方も多い。


美味しいブランチの店もあったし、
a0244429_2095651.jpg

a0244429_20102132.jpg

a0244429_20104034.jpg

デリは充実しているし(チキンが期待以上にジューシーで2晩続けて買ったほど)、

住むならマンハッタンよりここがいいなー。


SATCでミランダが子どもができてブルックリンに移り住んだ時、

他の3人に「え、ブルックリン!? 信じられない!」と言われていましたが、

それから環境はかなり変わったみたいです。


(桜井)
東京都神楽坂の家族写真専門の写真スタジオ
なぎしおフォトグラフィー神楽坂
http://nagisiophotography.com/
[PR]
by nagisio | 2013-08-22 19:49 | その他

子連れニューヨーク3

今回の旅の目的のひとつは、

美術館・博物館めぐり。

その際、このCity Passがとっても便利でした!
a0244429_22113390.jpg


私の記憶では、7年前は、MOMAとかの入場料は

入り口に寄付する箱があって、

一応目安の金額は書かれているけど、

実際の金額は来訪者に委ねられているものでした。

ところが今回は、窓口できっちりきっかり払わなきゃいけない雰囲気に変わっていました。

一応「いくらいくらを基本としているがあなたはいくら払うか?」と聞かれるようですが、

それに対して提示された金額より低い金額はなんだか後ろめたく、

かといって何度も少しずつ訪れたい人もいるので、

そういう人は「メンバーシップ」という

年間パスのようなものを購入するそうです。


ロンドンのナショナルギャラリーはいまでも「寄付金」方式のようですね。

それはとても素晴らしいことですが、

芸術を守るという点で、

MOMAのような取り組みも仕方がないかなと思います。

その分、トイレやカフェなどもキレイにメンテされてるし。


そんな事情を聞いていたし、今回は10日間滞在したので、

このCity Passをフル活用できるような気がして購入しました。

「基本料金」の40%引きで購入できるメリットはもちろん、

実際使ってみると、

各所で入場券を買うための長い列に並ばなくて良いというメリットがものすごく大きかったです。

特に、夏の観光シーズンだったので、

窓口の少ないグッゲンハイム美術館は、午前中に行っても、

建物をぐるりと囲むような長蛇の列で、

子連れでこの列に並ぶのかと青ざめていたら、

「City Passを持っている人はこちら!」

と、メンバーシップと同じ入り口からすぐ入場することができました。


自由の女神のあるエリス島行きフェリーの乗車券売場も

すごい列でしたが、このPassが威力を発揮。


あと、自然史博物館は2歳〜入場料がかかりますが、

他はたいてい6歳未満は入場無料なので、

(地下鉄やGovernors IslandからWilliamsburg行きのフェリーなどの公共の交通機関も)

凪がNYを観光するタイミングとしてもバッチリでした。


そして訪れたのが

アメリカ自然史博物館
a0244429_2213287.jpg

(キョーリュージャーのおかげ(?)で、恐竜にやたら詳しく、テンションの高い兄弟。)
a0244429_221446.jpg

(系統図の恐竜の名前をほぼ知っていてびっくり。)
a0244429_22143953.jpg

a0244429_2215787.jpg

a0244429_22154311.jpg

(「文化」の意味はまだ難しかったようで、主に動物の剥製や、海の生き物の展示に興味を持っていました。)


エンパイアステートビルディング
a0244429_22164593.jpg

(建物の下に「City Passを持っていても1時間くらい待つよ。

あと50ドル払うと、エクスプレスで上に上がれ、

しかもアクティビティ付きだよ。」という客引きがたくさん居ますが、

断ってよかった。30分以上かかるけど、ずっと進むのでアクセスの長さは気にならないし、

今、サイトを見ると、エンパイヤステートビルはそういうストリートセールスは一切関係していないと書いてある。

あれはなんだったんだ!?)
a0244429_2218227.jpg

(City Passで、日本語の音声ガイドも無料で貸してくれます。

1枚だったけど、2つ貸してくれました。)
a0244429_22174110.jpg

(「あ、日本語だ!」と喜んで聞いていました。確かに、私以外の日本語を数日聞いていなかったもんね。)


グッゲンハイム美術館
a0244429_222099.jpg

(内部が撮影不可でした。ここで凪はピカソとスラーがお気に入りになりました。)

メトロポリタン美術館
a0244429_22204217.jpg

a0244429_22211973.jpg

(汐は半分お昼寝。凪はエジプト文明の棺に興味を持ったほか、

なぜこんなにも「ママと赤ちゃん=マリアとイエス」の絵が多いのか、から

キリストの誕生から十字架にかかるまでの話をしてくれとなり、

確かにクリスマスに何故プレゼントを送るかなど、

ちゃんと教えてあげていなかった、と気付きました。)
a0244429_22221310.jpg

(夏休みということもあり、いろいろなワークショップが開催されていて、

その中の「抽象画からインスパイアされる」というワークショップに参加しました。

鉛筆やチョーク、ブレンダーチョークのいろいろな使い方の講義を受けました。)
a0244429_2227578.jpg

(汐もなかなか面白い絵を書いて、先生に「小さな巨匠!」と呼ばれていました。)


自由の女神
a0244429_22274114.jpg

(空港のようなセキュリティーチェックがあります。)

(子どもは興味なさそうだったので、乗ってきた船で帰りたいくらいでしたが、

一応、船から降りて並び直しました。)


ニューヨーク現代美術館(MOMA)
a0244429_222826100.jpg

(3人ともとても楽しみました。美術館3つめで、

「自由に感じることの楽しさ」が少しわかったみたい。)
a0244429_2229289.jpg

(凪は美術館マップの見方も上手になっていました。)
a0244429_2230597.jpg

(凪が数日経っても「あのモリサワさんは誰なんだろう」とポツリと言ってて笑。)


この6箇所をCity Passで回りました。


一日中、美術館で過ごして、

お腹がすいたら美術館のカフェテリアでごはんを食べて、

いろいろ見て(まだ鑑賞というほどではないがそれでもよい)、

またカフェに寄って、

子どもは甘いものを食べたり

私はコーヒーを飲んだり、

見るだけではなく、キッズルームでゲームをしたり、

ワークショップに参加して、手を動かしたり、

これこそニューヨークに来て、

一番の贅沢な時間だったなと思います。

そして、子どもと一緒に、

あ、カバだ、あ、ただの線に見えるけどなんなんだ?

みたいに話をしたり。

チケットを全て消化したという達成感も大きかったりして(笑)。


東京でも美術館に行ってみよう、

と思いました。

でも、子連れで大丈夫かな。

話題の展覧会は決まって人が押し寄せて、

汐の身長では絵が見えないかも?

なんて考えて、心理的なハードルが高いんですけどね。

実際、よく行かれる方、どうですか?
a0244429_22312255.jpg

(桜井)
東京都神楽坂の家族写真専門の写真スタジオ
なぎしおフォトグラフィー神楽坂
http://nagisiophotography.com/
[PR]
by nagisio | 2013-08-21 22:09 | その他

子連れニューヨーク2

帰国して5日経って、やっとこさ時差ぼけが直ってきた桜井です。

パパが日曜NY出張帰りで月曜から会社行ってるのとか、

フツーに見てましたが、尊敬することにしました(笑)。


汐はさすがに若くて、時差ぼけすぐ直ったなぁと思っていたら、

昼寝と夜の睡眠がごっちゃになっていただけで、

今日は夜中1時半に起き出し、3時まで上機嫌で遊んだあと、また寝たり、

お昼過ぎに長過ぎるお昼寝をしたりしています(><)。


無理矢理起こしても

「ねんねするー」

と言って、頑として目を開けないので、

根負け。。。


凪もあとちょっとですね。19時に寝て5時に起きる。

昨日は夕食直前に撃沈。


その点、ハワイは時差がまだ楽だなぁと思いました。


さてさて、子連れニューヨーク観光編。

面白かった場所、オススメの場所をご紹介したいと思います。


凪に「どこが一番面白かった?」と聞くと

「セントラルパーク!」

だそうで、

そんな公園、どこにでもあるじゃんと思いがちですが、

日本でこの時期、暑すぎて一日中公園で遊ぶなんてできないことを考えると貴重だし、

ママの買い物に付き合ったあと、とか

美術館や博物館へ行ったあと、とか

毎日気軽にいつでも寄れるということがポイントだったと思います。
a0244429_1643374.jpg

(りすを追いかける凪)

a0244429_16233916.jpg

(柔らかい地面で、走り回って遊べる場所)


20時過ぎまで明るいので、夕方から行っても十分遊べる。

遊具のあるプレイグラウンドも、
a0244429_1613544.jpg


a0244429_16135965.jpg


ペディキャブに乗って半周するのも(もちろん値切って乗車)、
a0244429_16162674.jpg


a0244429_16164999.jpg


岩みたいな小山に登るのも
a0244429_16172144.jpg


ぜーんぶ楽しかったらしい。


私もそうでした。


見上げれば緑の向こうに高層ビル。
a0244429_16193329.jpg



映画で観る風景そのもの。

(ペディキャブのお兄さんは、いちいち

「ここがあの映画のロケ地だよ!」

と説明してくれました。)


本当に都会のオアシス。

good escape。


でも友人のニューヨーカーは

1ヶ月に1回も行かないそうで、

本当のニューヨーカーは

オアシスが必要でないくらい、

マンハッタンの喧噪に慣れているのかなと

思ったりもしました。


彼女の場合、住んでいるBrooklynが

オアシスみたいです。


今日は時差ぼけとセントラルパークのことだけで

終わってしまいました。


私も大好きになったBrooklynについても

また書きたいと思います。

(桜井)
東京都神楽坂の家族写真専門の写真スタジオ
なぎしおフォトグラフィー神楽坂
http://nagisiophotography.com/
[PR]
by nagisio | 2013-08-19 16:00 | その他

子連れニューヨーク1

暑い夏、皆様いかがお過ごしですか?

桜井は8月前半、夏休みをいただいて、ニューヨークに行ってきました。
a0244429_059466.jpg


パパさんは会社を休めないので、凪と汐と3人で。

5歳児と2歳児を連れてなんて、チャレンジャーでしょうw。


でもなんとかなるもんです^^。


ニューヨークは、7年ぶり3回目。

1回目は仕事で長期に滞在していたのですが、

若かったこともあり、それはそれは楽しい街で、

憧れを全て叶えてくれる夢のような場所でした。

2回目でやっと、美術館などをゆっくり回る時間があり、

また新たな魅力を発見しました。


なので、また行きたいなーと思っていて、

航空券を調べていたら、

アメリカン航空羽田発JFK行き 28600円というのを発見!

もちろんエコノミーで、

結局燃油費は6万円かかるし、子ども料金も同じだったけど、

お盆に掛かるにも関わらずハワイより安かったので即決。


問題はNYはホテル代が高いことですが、

友人宅に居候させてもらうことになり、

凪と汐の英語の勉強にもなったし、

本当にありがたかったです。
a0244429_145510.jpg



ありがたいと言えば、

ベビーカーを押していると、地下鉄の階段では、

私がヘルプを求める前に、誰かが必ず助けてくれる。
a0244429_104477.jpg


混んでいる車内で、遠くからでも「ここ空いたよ、座りな!」と言ってくれたり

(そこまで移動するのが難しく断念せざるをえなかったけど)。

ある時は、地下鉄の中で、汐がベビーカーに座ってジュースを飲もうとして、

自分のTシャツにこぼしているのを、私が気付かないで凪としゃべっていたら、

近くの男性がどこからか紙ナプキンで取り出して

「こぼれたよ!」と言って拭いてくれていたり。

あまりにも親切すぎて、

「みんな、徳を積むために人に親切にしてるんだろうか」

と思ったほど。

みんなが敬虔なクリスチャンというわけではないだろうにと。


夏の観光シーズンで、

マンハッタンは昼も夜もすごい人で、
a0244429_113358.jpg


夕方には人に酔って疲れる自分に、

もう若くないことを実感してしまったし、

子連れでは1日に何個もの予定を入れることはできなかったけど、

子どもと一緒だったから見えた素敵なものも

本当に沢山あったな、

と振り返る

楽しい旅でした。


そうそう、子ども用に、治療費だけの1940円ずつの旅行保険を掛けていったのもよかった!

今回はパパが同行しないので、家族の旅行保険も付帯のクレジットカードを持っていなかったので、

別途保険に入っていて正解。


到着翌日朝、

汐が朝食後に吐いたので、

救急に連れて行ったけどキャッシュレスで診てもらえてよかった。

a0244429_0582370.jpg

(海外で病院に掛かるのは慣れっこだったりする^^。)

病院に着いた時点で、かなりケロリとしていたけど、

薬を飲んですっかり治って、

午後には自然史博物館を堪能。


次回は、子連れで行ってたのしかった場所を

ランキング形式でお伝えしまする。


まだ絶賛時差ぼけ中。

(桜井)
東京都神楽坂の家族写真専門の写真スタジオ
なぎしおフォトグラフィー神楽坂
http://nagisiophotography.com/
[PR]
by nagisio | 2013-08-18 00:48 | その他